平日20時まで、土日も診療  

仕事帰りでもご来院いただけます

診療科目  内科

  リウマチ科・腎臓内科・循環器内科

 感染症内科・臨床検査科


さとむら内科クリニック

〒330-0065

埼玉県さいたま市浦和区神明2-13-13

スギ薬局2階

TEL: 048-865-3330

施設・設備のご案内

CT検査

CT検査

乱暴な表現かもしれませんが、簡単にいうとエックス線を使って、身体を輪切りにして詳細にみる検査です。

CTとはComputed Tomographyの略語で、エックス線装置とコンピュータを組み合わせた医療機器であり、コンピュータ断層撮影診断装置とも言われております。エックス線を360度回転しながら人体を照射することで人体の断面を画像として撮影でき、簡単に言ってしまえば、身体を輪切りにした状態を画像としてみることがでます。当クリニックのCTは、16列のマルチスライスCTですので被曝を少なくした検査が可能で、所要時間は数分程度です。検査部位は、脳を含めた頭部、甲状腺、肺、肝臓、膵臓、脾臓、腎臓、副腎や一部の消化管を検査するのに適しております。この検査は現在、予約なしでも当日の検査が可能ですのでご相談ください。

また、当クリニックでは私の読影に加え、放射線科専門医の日本大学医学部放射線医学系放射線医学分野の准教授の前林俊也先生が二重読影を行っております。

エコー検査

エコー検査

超音波検査とは、身体に超音波を当て、反射した波を画像に変えて身体の各所を調べる検査です。心臓、甲状腺やリンパ節、頚動脈、肝臓や胆のう、腎、膵臓、脾臓の検査に向いております。CTとは異なり、被曝の心配はありません。空気が多い肺や骨等の検査は向いておらず、身体の奥深くも得意ではありません。しかし、身体の表面近くの臓器や血管は、CTよりわかりやすいことも特徴の一つです。被爆がないため身体に無害ですので、定期的に検査したい場合に向いております。所要時間は部位にもよりますが、20分程度です。

当クリニックでは、超音波検査士による心エコー検査(心筋梗塞、心臓弁膜症、心筋症、 先天性心疾患などの診断)、頸動脈エコー検査(狭窄や閉塞などの動脈硬化の診断)、甲状腺エコー検査(甲状腺の大きさ、腫瘍病変の位置や大きさ・性状などを調べる検査)、腹部エコー検査(肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓などの臓器に異常がないかを調べる検査)が受けられます。現在、原則として土曜もしくは日曜日のいずれかで検査しております。
この検査は、予約が必要ですので受診時にご相談ください。

心電図検査

心電図検査

心臓は、自分の意志とは関係なく電気的興奮がおこり、それを心臓の各部に伝え、心臓の筋肉を収縮させ血液を全身に送っています。その心臓から発生するごく小さな電気を波形として記録するのが心電図検査です。 痛みはありません。 胸部の痛みや違和感やなどの胸部症状の際に検査します。心筋梗塞、狭心症、不整脈、心肥大等がわかります。

レントゲン検査

レントゲン検査

エックス線検査(レントゲン検査)は、全身、当クリニックでは主に胸部や腹部や手の骨に対して行われます。胸・腹部臓器の異常や手の骨の異常などで検査をします。同じエックス線検査のCT検査とは異なり、立体のヒト(3次元)を平面上(2次元)の画像で観察する検査ですので、CT検査より被曝量は少なく安価な検査ですが、情報量が限られてしまうのが難点です。

血圧脈波検査

血圧脈波検査

動脈硬化の程度を血管の硬さや狭窄度を調べる検査します。心臓から出て動脈を流れる血液の脈動の速さや四肢の血圧を測定することで、血管の硬さや狭窄度(動脈硬化の程度)を判定します。動脈硬化が気になる方、高血圧・糖尿病・脂質異常症の治療中の方、肥満の方、喫煙する方、運動不足の方、脳梗塞や心筋梗塞の既往のある方などは特にお勧めです。

この検査は予約無しで可能ですのでご相談ください。

簡易睡眠時無呼吸検査(SAS検査)

簡易睡眠時無呼吸検査(SAS検査)

睡眠時の無呼吸の頻度や程度を調べる検査です。
日中の眠気があり、睡眠中の無呼吸やいびきがひどい方が適応となる検査です。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠時に呼吸が止まり、それが原因で日中の眠気や集中力の低下など日常の生活に様々な障害を引き起こしたり、高血圧を含む循環器疾患に影響をおよぼす可能性がある疾患です。 睡眠中の呼吸や血中の酸素の状態などを測定し、睡眠呼吸障害の程度(AHI:Apnea Hypopnea Index)、つまり無呼吸低呼吸指数で評価します。10秒間以上呼吸が止まった状態が1時間に5回以上認められ、日中の眠気などの自覚症状がある場合SASと診断されます。AHIが30以上だと重症で精密検査が必要なります。更に40以上で眠気などSASの症状が明らかな場合、精密検査をしなくても経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP)の対象となります。

この予約が必要ですので、受診時にご相談ください。

ホルター心電図

ホルター心電図

24時間継続する心電図検査です。通常の心電図検査ですと10秒程度の検査ですが、24時間全ての心拍を記録することで、詳細に調べることが可能な検査です。
動悸や胸痛時の症状出現時の心電図検査は非常に重要ですので、来院されたときに症状がない場合に有用な検査です。ホルター心電図は、クリニックで装着し、ご自宅で通常通りの生活をして戴きその間の心電図を記録しますので、ホルター装着中はクリニックにいる必要はありません。
この予約が必要ですので、受診時にご相談ください。

24時間血圧計

24時間血圧計

30分毎に24時間血圧を測定する検査です。通常の血圧測定は、スポットの測定ですが、30分ごとに24時間記録することで、日内変動を調べることが可能です。
早朝高血圧(朝、目が覚める前後に血圧が急上昇するのが早朝高血圧)、夜間高血圧(就寝中の血圧は下がるのが通常ですが、夜間も血圧が下がらず高いままになっている高血圧)、仮面高血圧(診察室血圧は正常なものの、家庭血圧が高いタイプ)などは、注意を要する高血圧ですが、これらは外来診察では、医師や医療スタッフが見つけることは困難な高血圧を見つけ出すのに有用です。勿論、白衣高血圧の方や通常の高血圧の方も精確な血圧を把握でき、適正適確な治療が可能です。

この予約が必要ですので、受診時にご相談ください。

血液・尿検査

血液・尿検査1
血液・尿検査2
血液・尿検査3

当クリニックでは、診断の精度を上げ適切な治療のため、次の検査の即日結果対応が可能です。貧血(赤血球数、ヘマトクリット、ヘモグロビン濃度)、血小板、炎症(白血球数、白血球分画、CRP)、糖尿病(血糖、HbA1c)、肝機能(総ビリルビン、AST、ALT、γ-GTP、ALP)、腎機能(BUN、クレアチニン)、脂質(総コレステロール、HDL-コレステロール、中性脂肪)尿酸、電解質(Na、K、Cl)、総蛋白、アルブミン、尿一般検査、トロポニンT(急性心筋梗塞のマーカー)などがあります。貧血や炎症反応の検査は採血後10-15分程度、その他の検査は、45-60分程度です。現在はコロナ禍のため、3密を避け、クリニックの滞在時間を少しでも短くするために原則として対象を急性疾患とさせて頂いております。詳細は受診時にご相談ください。

呼吸機能検査

呼吸機能検査

大きく息を吸ったり吐いたりして、口(肺)から出入りする空気の量を測定する検査です。間質性肺炎や肺線維症など肺の容積に関する病気や気管性喘息、肺気腫などの気道が狭くなっている病気などを、呼吸の能力でチェックする検査です。

この検査は予覚が必要ですので、受診時にご相談ください。

尚、新型コロナウイルスが流行中のため、この検査は現在施行しておりません。再開しましたら、ホームページ上でご連絡します。

その他当クリニックの機器

電子カルテ

電子カルテ

開院時より、当クリニックはM3DigikKarの電子カルテを導入しております。

カルテ作成には紙カルテ同様に多少お時間はかかりますが、再診時は診察券をご持参頂くことで非常に速く受付が可能です。また、診察券には各個人のID番号のバーコードが記載されております。院内の迅速検査等で患者間違いのないようにするために必須です。来院時は必ずご持参ください。紛失時は別途手数料(税込み 220円)は必要ですが、再発行が可能です。スタッフにお申し付けください。

余談ですが、何故M3DigikKarかと申しますと、電子カルテの値段もさることながらM3DigikKarの電子カルテは、20年来のMac愛好家である私が、電子カルテをMacで操作可能だったからです。本当は、クリニック全てのコンピューターをMacにしたかったのですが、レセプトに使用する受付のコンピューターは、Macだと不具合が生じやすいとのことで断念しました。画像診断ワークステーションや検査結果はWindowsしかなくMacは断念と構想とは多少かけ離れましたが、電子カルテ操作がMacでできるということはストレスフリーな毎日です。

健康のための検査

自費診療です

AGEs検査(体内糖化度検査)

AGEs検査(体内糖化度検査)

糖尿病、動脈硬化、高血圧症、がん、腎疾患、骨粗鬆症、神経疾患など、加齢と関係性のある様々な疾患の誘発に影響を及ぼす要因の一つとして、AGEs(Advanced Glycation End Products)/最終糖化産物があり、そのAGEsを測定する検査です。この検査は、利き腕を機械にのせるだけで採血などは必要ありません。ただ、保険適応がされていないため自費診療(税込み 2200円)となります。尚、検査当日は、測定を精確に行うため、日焼け止め剤などを含むスキンケア化粧品等の使用は避けるようにお願い致します。

糖は身体のエネルギー源として必要です。しかし、摂取した過剰な糖分は、糖化反応によりタンパク質と糖質の結合に異常が生じた後にできるのがAGEsです。AGEsは、糖質摂取過多のほか、喫煙、過度なアルコール摂取等の様々な生活習慣によって過剰に産生され、それらが生体内に蓄積され、加齢の促進(老化)、糖尿病、神経変性疾患、動脈硬化、骨粗鬆症等のリスクを高める事が近年の研究で明らかになってきております。この検査は予約が必要ですので、ご興味ある方はスタッフにご相談ください。

オリゴスキャン検査

オリゴスキャン検査

ミネラル20種類+有害金属14種類の体内含有度を採血なしで測定する検査です。この検査は、利き腕でない手のひらに機械を4回のせるだけで採血などは必要ありません。ただ、保険適応がされていないため自費診療(税込み 13200円)となります。尚、検査当日は、測定を精確に行うため、日焼け止め剤などを含むスキンケア化粧品等の使用は避けるようにお願い致します。

5大栄養素のひとつ「ミネラル」があります。そのミネラルは、体内でつくることのできなく身体に必要な16種類の必須ミネラルがあります。これらは、摂りすぎても足りなくても健康を害する可能性があります。それ故、ミネラルはそのバランスが大変重要なのです。現在の体内含有度を知ることで、必要なミネラルがわかるため、不足しているミネラルをサプリメントで摂取することが健康への大きな鍵を握っています。当クリニックでは、クリニックでしか購入できないサプリメントを、身体の不足に合わせて販売もしております(勿論、検査のみでご自分でお好みのサプリメントをご購入頂いてもOKです)。ご希望の方はスタッフにお申し付けください。更に、溜まっている有害金属も調べられることから、食生活での注意点やデトックスに活かすことができます。

健康な状態と病気の間には「未病」という段階が存在します。未病とは、健康から病気に向かっている状態をいいます。この未病の状態の時に自分の身体の手を入れをすることが、病気への罹患をしなくしたり、進行を遅くするのに重要です。少しでも健康寿命を延ばすようお手伝いできればと存じます。

この検査は予約が必要ですので、ご興味ある方はスタッフにご相談ください。

自動釣銭機・各種クレジットカードや電子マネーに対応

オリゴスキャン検査

当クリニックは、診察後会計までスムースに進むように電子カルテと連動した会計機器を導入しております。自動釣銭機の導入することで、釣銭を間違え無いことは勿論のこと、釣銭の計算などの手間もなく迅速対応を心掛けております。更に、AMEX、VISA、JCB、ダイナース等の各種クレジットカード払い(一括払いのみ)やスイカやApple pay等の支払いにも対応しております(Pay Pay、楽天ペイ、LINE Pay には対応してません)。